年表で見るヴォーリズ

ヴォーリズの歩みとその業績を年代を追ってご紹介いたします。

1941 61歳 ヴォーリズ日本へ帰化
日本国籍取得、一柳米来留(ひとつやなぎめれる)と改名。
八幡神社の神前で誓いを読み上げるヴォーリズ
八幡神社の神前で誓いを
読み上げるヴォーリズ
1942 62歳 東京帝国大学(現・東京大学)講師を勤める。それより前、京都帝国大学(現・京都大学)、同志社大学などでも教える。戦時中は軽井沢で過ごす。
1945 65歳 マッカーサー元帥と近衛文麿元首相との会談実現のために活躍。 終戦直後のヴォーリズの日記
終戦直後のヴォーリズの日記
1947 67歳 昭和天皇よりねぎらいの言葉をかけられる。
自伝『失敗者の自叙伝』の草稿を起筆、1957年(昭和32年)まで『湖畔の声』に連載。
1951 71歳 一柳米来留(ウィリアム・メレル・ヴォーリズ)社会教化事業の功績により藍綬褒章を受ける 社会公共事業に対する功績により藍綬褒章を受ける
社会公共事業に対する
功績により藍綬褒章を受ける
1957 77歳 7月
軽井沢でクモ膜下出血のため倒れ、近江八幡の自宅に帰り、療養生活に入る。
病床にあるヴォーリズを見舞われる三笠宮殿下
病床にあるヴォーリズを
見舞われる三笠宮殿下
1958 78歳 近江八幡市名誉市民第1号に推される。
1960 80歳 日米修好通商百周年に功労者として顕彰を受ける。
1961 80歳 建築部門は1961年(昭和36年)6月に独立。株式会社一粒社ヴォーリズ建築事務所が設立。
建築業界における功績で黄綬褒章を受ける。
1964 83歳 5月7日
7年間の病床生活を終えて昇天。正五位勲三等瑞宝章を受ける。

5月16日
近江八幡市民葬と、近江兄弟社葬との合同葬となり、遺骨は恒春園に眠る。
「近江兄弟社」と「近江八幡市」の合同市民葬
「近江兄弟社」と
「近江八幡市」の合同市民葬

参考文献・出典

  • 『日本人を越えたニホン人 ウィリアム・メレル・ヴォーリズ』(編集 株式会社山田プランニング びわ湖放送株式会社)
  • 『W・メレル・ヴォーリズ 近江に「神の国」を』(奥村直彦 日本キリスト教団出版局)
  • 『失敗者の自叙伝』(一柳米来留 湖声社)
  • 『近江の兄弟』(吉田悦蔵 近江兄弟社)
  • 『Vories Academy ウィリアム・メレル・ヴォーリズ』(NPO法人 ヴォーリズ精神継承委員会)

ページトップへ