ヴォーリズと歩んだ人々

Vol.03 村田 幸一郎(1887~1956)

近江兄弟社の創立者として、ヴォーリズ、吉田悦蔵と固い結束で結ばれる

ヴォーリズの指導の下、優秀な建築設計者として活躍した

ヴォーリズの滋賀県県立八幡商業学校英語教師時代の生徒の一人。
軍隊に入り、陸軍歩兵少尉として大津の隊に属していたが、ヴォーリズに青年会館の仕事を手伝ってほしいと頼まれ、陸軍を辞め、喜んでヴォーリズの申し入れを受け入れた。

この時代は建築士の資格制度はまだ定まっておらず、また建築の教育体制も充分でなかったため、村田はヴォーリズやチェーピン、ヴォーゲルの指導のもとで優秀な建築設計者として育てあげられていった。
西洋建築を完成させていくについては、輸入しなければならない建築部材も少なくなかった。これらは学校で貿易実務のトレーニングを受けていた滋賀県県立八幡商業学校出身の村田らには得意分野であっただろう。後に近江兄弟社の前身である「近江セールズ」が設立され、村田はこれらの経営の中核を担ってゆく。

近江兄弟社の創立者として終生、結束の固かった3人
左から吉田悦蔵、ヴォーリズ、村田幸一郎[撮影:公益財団法人近江兄弟社]



村田幸一郎 略歴


1887年 大阪府泉北郡深井村にて出生。
1912年 ヴォーリズ、吉田、武田牧師と共に伝道雑誌『湖畔の声』を創刊。
1944年 「近江セールズ株式会社」を「日本メンソレータム株式会社」と社名変更し、「株式会社近江兄弟社」設立、両社社長に就任。
1956年 村田幸一郎 昇天(享年 69歳)

参考文献・出典

  • 『日本人を越えたニホン人 ウィリアム・メレル・ヴォーリズ』(編集 株式会社山田プランニング びわ湖放送株式会社)
  • 『W・メレル・ヴォーリズ 近江に「神の国」を』(奥村直彦 日本キリスト教団出版局)
  • 『失敗者の自叙伝』(一柳米来留 湖声社)
  • 『近江の兄弟』(吉田悦蔵 近江兄弟社)
  • 『Vories Academy ウィリアム・メレル・ヴォーリズ』(NPO法人 ヴォーリズ精神継承委員会)




ページトップへ