ヴォーリズの足跡とその仲間たちが遺した事業

キリスト教伝道とその主義に基づいて様々な分野における活動を行ったヴォーリズ。各分野における事業とその活動を紹介します。











近江八幡名誉市民として永眠

1957年(昭和32年)8月、ヴォーリズは軽井沢でクモ膜下出血のため倒れ、そのまま約7年間の療養生活に入った。
1964年(昭和39年)5月7日昇天。ヴォーリズ83年と6ヶ月の生涯であった。
クモ膜下出血で倒れたヴォーリズは翌年、近江八幡市名誉市民第一号となった。葬儀は「近江兄弟社」と「近江八幡市」の合同市民葬であった。



   

1951年(昭和26年)より、失敗者の自叙伝を書き始め、1957年(昭和32年)8月、軽井沢でクモ膜下出血のため倒れるまで、「湖畔の声」に連載した。

 
この次の年、軽井沢でヴォーリズ倒れる
(1956年/昭和31年)
 
   

近江八幡の自宅で療養するヴォーリズ。満喜子夫人とだけはかろうじて目で会話することができたという。

 
Vories Spirit Forever
ヴォーリズの信仰と精神は今も人々の中に受け継がれている。
 

参考文献・出典

  • 『日本人を越えたニホン人 ウィリアム・メレル・ヴォーリズ』(編集 株式会社山田プランニング びわ湖放送株式会社)
  • 『W・メレル・ヴォーリズ 近江に「神の国」を』(奥村直彦 日本キリスト教団出版局)
  • 『失敗者の自叙伝』(一柳米来留 湖声社)
  • 『近江の兄弟』(吉田悦蔵 近江兄弟社)
  • 『Vories Academy ウィリアム・メレル・ヴォーリズ』(NPO法人 ヴォーリズ精神継承委員会)


ページトップへ